カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

S P Q R   (スポール)   平成20年(西暦2000年) 豊かな自然溢れる信州 八ヶ岳山麓に誕生した 「時計企画室コスタンテ」 が企画・製造しています。

     2020年 は SPQR が 誕生して 20周年 ・・・・

○ 保証規定

SPQRの時計に添付される保証書には次の規定内容が記載されています

【 保証規定 】

* 保証期間内に正常なご使用状態での自然故障につきましては、
  ご購入日より1年間、無償で修理調整いたします。
* 修理などは本保証書をご提示の上、巻末記載の住所にご依頼ください。

* 次のような場合には、保証期間内であっても有償修理となります。
① 誤ったご使用や、不注意による故障または損傷。(例 帯磁、入水など)
② 不適当な修理や改造による故障または損傷。
③ 火災、水害または地震など天災地変による故障または損傷。
④ ご使用中に生じた外観上の変化(ケース、バンドなどのキズ)
⑤ 本保証書の字句を書き換えられた場合。
⑥ 本保証書のご提示がない場合。
⑦ 本保証書は再発行いたしませんので大切に保管ください。
⑧ 販売店の記名、捺印のないものは無効となりますのでご注意ください。

○ 修理時計の保証期間

【修理時計の保証期間】

基本: 修理後6ヶ月間とする

*但し、修理対象時計の使用期間、修理内容、修理履歴 などにより異なるので均一に6ヶ月間を保証する限りではない

○ 磁気製品に対する扱い方注意

【対象モデル アナログクォーツ式】
arita ism / urushi kiso/ eki watch / DUALTIME 12+24 / nurse watch / MP / THE PULSE / POCKET CHRONO
〈磁気による時計への影響〉
アナログ式クォーツ時計 には磁石の性質を利用した 「ステップモーター」 が使われています。
②永久磁石で出来ているために 外部からの強い磁気を受けると 遅れたり、進んだり、止ったり することがあります。
〈磁気の性質〉
①現在の生活環境では 磁気を発生させる製品 がたくさん存在しています。 磁気は交流磁界と直流磁界が存在します。
②磁気の強さは 距離の2乗に反比例 します。 磁気を発する製品から 時計を離すこと で影響は少なくなります。
〈磁気を発生させる製品〉
①直流磁界例 :携帯電話、 イヤホンなど各種スピーカー、 ハンドバックの磁石、各種ドアの磁石部分、磁気ネックレス、磁気健康腹巻 他多数
②交流磁界例 : IH調理器、 交流式電気カミソリ、 電動鉛筆削り、 ACアダプター、 マージャン台  他多数
〈磁気の影響を受けた場合〉
①磁気製品から 時計を離し、時刻を正しく合わせ直して ください。 正常な状態 に戻ります。
②内部の部品に 残る残留磁気では、時計の精度に影響を及ぼしません ので必ずしも 脱磁の必要はありません。
③但し、何回も同じよう磁気の影響で時計がずれてしまう ような場合は確実に 脱磁を行ってください

○ 三つ折れバンドの装着方法


クロコダイルバンドやSOMESソフトバンド、三折れバックルを使用したバンドの装着方法です。



①バンドを反対の手で押さえながら、バックル両サイドのプッシュボタンを押して、開きます。


②同様に、もう一度プッシュボタンを押し、金具を持ち上げます。


③ご自分の手首周りに合わせて、調整します。


④バンドの穴にバックルを通して、下からしっかり押し上げ固定します。


⑤手首に通して、バンドを内側に押しながら、カチッと音がするまで押さえて留めます。
*②~④を繰り返して、調整します。
 

○ スライド式メッシュバンド サイズ調整 

《 マイナスドライバー をご用意ください 》

【手順1】 向きを確認する

【手順2】 ロックを外す

 穴にドライバーを差し込む

 引き上げる

 ロックが外された状態

 【注意1】 こちらからは作業しないでください

【手順3】 バックルをスライドさせて長さを調整する

【手順4】 バックルをロックする

 位置が決まったらバックルを元の位置に押込む

 【注意2】 きちんとロックされるまで押込んでください

これでサイズ調整は完了です。

○ STIBメッシュバンドのサイズ調整

《バネ棒はずし 又は 事務用クリップ をご用意ください》

【手順1】 バネ棒で留めてあるベルトと駒を上記工具で取り外します

【手順2】 駒を一つ詰めると画像のパーツが不要となります

【手順3】 駒の部分とベルトを留めます

【手順4】 バネ棒をしっかりと嵌めて完成です

ページトップへ