カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

 日本ブランド 「S P Q R  (スポール)」    豊かな自然溢れる 八ヶ岳山麓で  『時計企画室 コスタンテ』  はこだわりの時計を造り続けています。  年月を経るほどに愛着のわく 「時代を 超越 したデザイン」 と呼ぶにふさわしい逸品。    時計を愛する方へ上質な 本物腕時計 を提供します。

藤原和博プロジェクト10周年記念 第12弾

2019年3月14日

第12弾の文字盤図面ができました。 技術的には先般のOEMモデルと同一仕様であり、技術的なテーマは全てクリアー済み。 針と文字盤のスキマは寸度的に大変厳しいために有田焼の厚みは極限の薄さを追求して0.2mmを実現しました。 陽に翳すと透けて見える薄さです。 その有田焼の盤上に藍色の釉薬を積み重ねた立体感を持つバーインデックスが表現されます。 12時位置には朱色の木曽漆が輝きます。

2019年3月13日

藤原和博プロデュース10周年記念 第12弾の商品企画書ができました。 技術的には先般のOEMモデルで技術的なテーマは全てクリアー済みですので、現在はこの企画書をもとに 文字盤の図面制定 と並行して 製造準備 を推進中です。 

2019年3月9日

藤原和博プロデュース10周年記念 第12弾は 「aritaism」 をベースにして japan を意識してデザイン化されました。 2016年2月に支援しているラオスの学校の開校式に店長とともにご同行された 若江 眞紀 様(株式会社キャリアリンク 代表取締役) の特別注文により1本限定で製作して、お気に入りの一品としてご愛用戴いているアイテムです。

その後、このウォッチにご興味を待たれる方々が周囲に数多おられるとのことが判明しました。 そこで藤原プロデューサー10周年の節目に女性向けとして自信を持って女性に問うというご提案がありました。 本数は絞りに絞って限定50本とします。 若江 女史 が特別推薦する逸品となります。 

藤原プロデューサーから 仮称 「arita love」 と名付けられました。

2019年3月6日

2008年2月初旬、長野県川上村に(犬の)里帰りをされた折、突然の 藤原氏からコスタンテへの電話 ・・・・・ それがスタートとなりました。

沢山 のやりとりを経て 「藤原和博プロデュース第1弾 japan」 が 誕生しました。

およそ1年がかりの準備期間を要し、2009年3月にゴールドモデル25本、シルバーモデル25本が発売となりました。

お陰様で殆ど 予約で完売 に近い状態で、発売時には販売できる商品は数本のみという、想像を超えた結果となりました。

詳細は、藤原 和博著 「つなげる力」 文芸春秋 ・第7章 「偶然をつなげる」(P216〜P245)に記載。

こうして 「藤原和博プロデュース japan 」は シリーズ化 され、第2弾以降、ほぼ 毎年に 新プロジェク トを実現して、2018年4月発売の第10弾 「arita400-j」に至っています。

2009年発売 「japan」 から数えて、2019年は 藤原 和博プロデュース10周年 を迎えることになりました。

ページトップへ